ナス・ミョウガの撤収!!!

この時期になるとナスも花は咲いていますが実が育ちません。

 朝晩の気温が下がってやっと秋も深まった感じがしてきました。
とは言え、9日に台風19号が関東を襲ったばっかりで、また新たな台風21号が日本に接近している状況を考えると秋深まったとはまだ言えないのかなとも思えてくる。
地球温暖化現象によって気候に異変が起こっているのか、よく100年に一度の大雨とか何とかと天気予報で言っていますが100年に一度のはずが最近は数年毎に起きてるような気がする。
その内に四季感も無くなるって事になってしまうと、それは余りにも悲しすぎる。

 私の寂しい家庭菜園の区画ですが、此処には夏野菜がまだ残っています。
ナスとピーマンがそれにあたります。
ナスはまだ花は咲きますが、実はちっとも大きくなりません。
よって、2本のナス苗を抜く事にしました。 スッキリしましたが、隣のピーマン2苗はまだ健在なのでもう少し残す事にします。

 ミョウガも葉が枯れてきたので茎ごとカットする事にしました。 しゃがみ込んでの作業で腰が疲れてきたので途中で止めようと思いましたが、中途半端は嫌なので下の写真の様に頑張って全てをカットしました。 後は牛糞を上から掛けてあげれば来年また花穂が収穫出来る様になります。

 先日ホームセンターに行った時にタマネギ苗が売られていました。
いくら何でも今から植付けるのは早すぎますが、早生に関しては何時でも植付けられるように畝に石灰を入れて耕しました。 晩成のタマネギをどの畝で育てるか、現在思案中です。

 ニンニクの発芽が揃わないと思って心配していましたが、今朝見たら殆どが発芽を始めていました。 後は春の長雨で根腐れをやさび病を起こさない様に気を付けます。

最後にピーマンを収穫して家に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください