絹サヤの撤去!!!

下の方が枯れてきた絹サヤの苗。

 絹サヤの根元は見ての通り茶色く枯れていますが、上の方はまだ緑が残っていて今でも少しながら収穫出来ています。
まだ収穫できるからと言ってズルズルと残していては次に栽培する野菜の足かせになってしまいます。
今日は思い切って抜いてしまいましょう。
根っこを引き抜いて、根元を持って下に向かって引っ張るとネットに絡んだ蔓も意外と簡単に取り出せます。
簡単と言ってもそれなりに無理して引っ張らないと駄目ですが・・・。
苗を撤去したら牛糞を入れて耕します。 畝の中央のネットは再利用するのでそのまま残した状態で耕しています。
最後に殺虫剤を散布して更に太陽熱で消毒する事にします。 この場所にはキュウリの植付けを想定していますが、植え付けの直前にVS菌入りバーク肥を入れて連作対策を施す予定です。
今回絹サヤを撤去したので、残るはイチゴの苗だけになりました。
こっちの撤去も暑くなって来たので涼しい時にボチボチとやりましょうか・・・。

 先日蔓シートを敷いたカボチャに勢いが出てきました。
雌花もチラホラ出てきましたが余り早く受粉させると大きい球にならないので摘果しました。
そして、概ね十数節に出た雌花だけを残して育てる事にします。 去年は苗が枯れてカボチャは失敗だったけど、今の情勢では今年は食べられそうなので嬉しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください