イチゴにトンネル掛け!!!

今日は午後からイチゴにビニールトンネルを掛けました。

 例年は2月に入って直ぐに掛けていたイチゴの黒マルチですが今年は遅くなってしまい、葉っぱの勢いが少し(いや、かなり)悪いようです。
そこで遅れを挽回するためにビニールトンネルを早めに掛ける事にしました。
上の写真⇧はビニールを掛ける前にアーチ支柱を立て終えたイチゴの畝です。
ビニールを掛ける前にスノコシートをイチゴの苗の両側に設置して固定します。此処でビニールを道具箱から引っ張り出して畝全体が覆い被さるように設置していきます。 でも、此の侭では強い風が吹いたらあっと言う間に飛ばされてしまいます。
そこでビニールの上からネットを張り、ネットの端を針金で固定して吹き飛ばされないようにします。 3月末まではこの状態で育て、4月に入るとビニールを外してミツバチが受粉して形の良いイチゴが出来る状態にしてあげます。
そして、4月中旬になりイチゴの実が赤くなる頃から今年もまたアライグマとの戦いのゴングが鳴ります。

白菜も董立ちが見られるので早めに抜くのが賢明のようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください