台風24号は去り、次は25号?

今回の台風24号に於ける農園の被害は殆ど受けなかったようです。

 台風24号は大きな勢力を保ったまま昨日の夕方に和歌山県の田辺市に上陸し、そのまま気流に乗って中部地方から東北を縦断して日本海へと抜けて行きました。
この辺り(神戸市北区)は台風進路の左側になり、六甲山が壁になる事も有って、雨も風も前回の20号と21号に比べ、それ程強烈とは感じなかったです。

 今朝は天気も回復していたので農園の様子だけを見に行ってきました。
被害が酷い場合は農園に着くなりネットの捲れや支柱の転倒が目に入りますが、今朝は全くもって何時も見る景色と変わりません。
私の区画も特に被害らしき物は見当たりません。これも被害と言えるか分かりませんが、野菜が雨に打たれた事で土の跳ね返りを受けて汚れたのと、風で苗が煽られたのが被害と言えば被害かも知れません。
なので、今日は資材等の補修や修理をする事も無く家に戻る事にしました。

 しかし、また新たに台風25号が発生しているようでフィリピン沖から石垣島方面に進んでいます。
まだその先の進路が分からないようですが、最悪の場合はまた日本に向きを変える事も考えられます。
そうなったとしても日本海を通るルートの予測なので大きな被害って事は無いとは思われますが、まだまだ台風への警戒は必要かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください