ダイコンの種蒔き。

IMG_0003ダイコンの種蒔きをしました。

 今日は穏やかで、農作業をするにはうってつけの日曜日となりました。
何時もより農園は人出が多く活気も感じられます。
軽トラで持ち込んだトラクターで畑を耕している人も居れば、鍬を使って耕している人も居ます。
中にはエンドウ豆の誘因ネットを張っている人も居ました。
やる事は人それぞれですが、農園にも活気が戻って来たので私も頑張ろうって気になって来ます。

 今日はダイコンの種蒔きをします。
畝に黒マルチを張ってから種を数粒蒔いていきますが、今回は筋蒔きのような溝を作って種を蒔く事にしました。IMG_0002ハサミで黒マルチをカットしますが、意外と面倒で途中で止めたくなりましたが、これだけの僅かな数量ですから頑張って切り終えました。
そして板で押さえた溝に種を落とし、籾殻を上から被せて保湿効果を狙います。IMG_0004更に不織布で覆えば作業は終わりです。IMG_0005これでジャガイモから始まった一連の作業(ニンジン・ダイコン)は終了となります。IMG_0006この1畝だけが見た感じでは“畑”らしくなりました。

 ビニールトンネルに覆われた白イチゴを見たら白い花が咲いていました。IMG_0007花が咲き出すのも良いが、ビニールで覆っているとミツバチが来れないと思い、横から入り込める様に防鳥ネットで囲ってみました。IMG_0008まだ実が出来て無いから良いですが、イチゴの香りが周りに漂い出だすとアライグマが出没し出すので、その頃はイチゴの周囲を本格的に囲って防がないといけなくなるので、それまでに準備が必要となります。

 今後は今進めている畝を“あぜ波シート”で囲う作業の他、エンドウ豆の支柱作りを始める時期かなと思います。
キャベツやブロッコリーも植付準備が必要となってくるし、農園もまた一段と忙しくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください