農園の流しから水が出ました。

IMG_0008流石に凍結の心配は無くなったようで、今日から農園各所に設置された屋外流しの蛇口から水が出るようになりました。

 凍結の心配と言うより、此処数日は好天気で、中でも今日は汗ばむくらい暑い。
とは言えまだ3月の中旬なので、後1カ月くらいは一時的に寒さが戻る事も有ると思っておかないといけない。
 でも、農業用水が使えるって事は農作業をする者にとっては有り難い事で、これから野菜に散水が手軽にできるし、作業が終わった後の道具の清掃も気楽に出来る様になります。

 さて、今日は農園で何をやりましょうか。
畝の中でも一番畝板の抑えが甘く、波打っている所を選んで新たにホームセンターで購入した“あぜ波シート”を張る事にしましょう。IMG_0001 シートを張るに当って、どうやるかを色々と検討してみました。
現在の畝の長さが約10mですが、半分(5m)に仕切って、真ん中に通路を作れば後々の農作業がやり易くなると考え、作業を進める事にしました。
 現在の畝板の周りを最初にスコップで掘り下げます。IMG_0002あぜ波シートを畝板の周りに置いてから土を戻してやれば1畝の半分が完成です。IMG_0003畝板が少し高くなり、しっかりしたので土をもっと入れて盛っても問題無さそうなので、追々腐葉土かバーク堆肥で補充する事にします。IMG_0006まだ1畝の半分ですが、この辺りで疲れも出てきますし、汗もジワーっと出てきます。
残り半分(手前側)は次回に残しましょう。IMG_0004真ん中の通路(通り抜け)もちゃんと作っておきました。IMG_0007この通路が有れば畝の反対側に回り込むのが便利になります。
それに寒冷紗等の資材も5m物で統一出来るので片付ける時の仕分けが楽になる事も期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください