イチゴに黒マルチ掛け。

IMG_0005今月に入って直ぐに黒マルチを掛ける予定が、遅れに遅れて今日になってしまいました。

 農園に行く事すら億劫になるくらいの厳しい寒さが続いたので、イチゴのマルチ掛けが気になっても、今迄は家にじーっと閉じ籠っておりました。
おまけに今は冬季オリンピックをやっているのでついついテレビに張りついてしまい外にさえ出掛ける事も少なくなっています。
しかし、今日は朝方は冷え込んだものの、良い天気になって来たので、本当に久し振りですが農園に出掛ける事にしました。

さてさて、農園は今迄の厳しい寒さの中でどうなっているのやら。
私の区画も一見何事も無い様に見えますが、霜柱が立って、至る所で土を持ちあげている様です。
畝の側面に張った板も上に持ち上げられて波打っていました。IMG_0001今日は午後からは気温も上がっている筈なんですが、日除けで日陰が出来ている部分の畝の土を少し掘ってみると中はカチンカチンに凍っています。
これじゃまるでツンドラじゃないかと思いたくなりますが、それくらいこの地域は寒いって事なんですね。
さて、イチゴがどうなっているか見てみると、枯れ果てた古葉が目立ちます。IMG_0003先ずは古葉を取り除いて、全体の除草も済ませます。IMG_0004古葉を取り除くと葉っぱが少なくなり、いたって貧弱になってしまいました。
そして土がひび割れたようになっていますが、これは霜柱によるものと思われます。
やっぱりイチゴにとっても寒過ぎるのかも知れません。
早速に黒マルチを張り、苗の有ると思われる場所に切り込みを入れて葉っぱを取り出しますが、苗を植え付ける時に寸法を測っているのでメジャーを使う事ですんなり苗を取り出す事が出来ました。IMG_0005久し振りに農作業をした為か、屈みこんでの作業が足腰に応えます。
途中で何度も休憩が必要でした。
さてさて、イチゴと言えば、クリスマスの収穫を目指した白イチゴはどうなったか。IMG_0006完璧にビニールトンネルで覆っていますが、1苗だけ花が咲いた跡が見られるだけで、全く駄目です・・。

 イチゴの黒マルチ張りは終わったが、折角農園に来たのでタマネギ(中晩成)に追肥を施します。IMG_0002タマネギの苗も寒さで数個の苗が消えていますが、何とか持ち堪えているようです。

 今の時期は私の区画では収穫出来るものが無いと思っていましたが、青梗菜が小さいなりに育っていたので少しですが持ち帰ります。IMG_0008次に農園に来るのはもう少し暖かくなってからになるのでしょうか。
もう少ししたら馬鈴薯の植付も始まるので、その前に耕しをする必要が有るけど、今年は連作の関係でどうしようか悩みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください