空豆・エンドウ豆の植付開始。

IMG_0001家でポットに種蒔きして育てた空豆とエンドウ豆の苗を植え付ける事にします。

 豆類は本来なら畑に直接種を蒔いて育てれば問題無いのですが、家庭菜園の様に限られた区画では、植付場所をやりくりしながら栽培しなければならず、場所が空かなければ先にポットに種を蒔き、それを育ててから畑に植え付けないといけません。
ポットに3~4粒の種を蒔いても全てが発芽してくれる訳ではないので種蒔きしたポットの内の数ポットは失敗するので、再度種蒔きをしないといけない事になります。
そう言った事で、今回の豆の苗は数個を畝に植付けて、数個はもう少し後に植え付ける事にしました。
空豆は3苗の育ちが良く、4苗はまだ葉っぱが小さい。IMG_0003グリンピースはまだ成長が良いのですが、絹さやは1苗しか植付けしていません。
では、まだ小さい苗はどうするのかと言うと、区画の空いてるスペースにビニールトンネルを作って、そこで成長させる事にします。IMG_0002ここ数年は絹さやとグリンピースは失敗しています。
春先になると葉っぱが茶色になり、最後は茎まで枯れてしまう状況が続いてますので、今年は早めにキッチリと消毒をしてちゃんと育てたいと思っています。

 帰ろうとした頃にC地区の方と出会い、私の畑に残っているショウガについて、この地域は既に霜が降り出しているので早目に収穫した方が良いと言って頂きました。
確かに、葉っぱは無くなり茎も枯れていたので早速掘り起こす事にしました。IMG_0006かなりの量が採れました。
大部分は冷凍保存する事になると思いますが、1部は新聞紙に包んでからダンボールに入れて玄関の脇にでも置いて保存する事にします。
寒いのは駄目なようですが、乾燥も駄目みたいなので、時折霧吹きで水を掛ければ良いのかも知れない。
良く分からないが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください