焼き芋メーカーを使ってみる。

IMG_0004ケーズデンキで買ってから邪魔なので棚の上に放置されていた焼き芋メーカーを引っ張り出してみました。

 サツマイモ(紅はるか」を収穫してから2週間ちょい経ちました。
まだ少し置いておいた方が良いかと思いますが、寒くなってきたし、そろそろ焼き芋を食べたくなる時期でもあるので、試しに1本だけ焼いてみる事にしました。
物置に置いてあるサツマイモを1本持ってきて、束子(たわし)で泥を落としてから焼き芋メーカーにセットし、説明書の通り40分加熱してみます。IMG_0001そして40分経過し、蓋を開けてみたがまだ少し焼けた感がしないので後5分追加して加熱する事にしました。
5分後・・。
何とか焼けた感じになっています。IMG_0002辺り一面に焼き芋の美味しそうな香りが溢れて食欲をそそります。
早速食べてみる事にします。IMG_0003サツマイモとしては十分に甘みが出ていますが、もう少し(あと2週間くらい)経てばもっと甘みが増すと思われます。
焼き芋としての感想は、45分の加熱では芯に少し硬さが残る感じがしたので、次回は1時間くらい焼く事で完璧に焼き上がるのではないかと思います。
お正月には芋を使って「栗きんとん」を作らないといけないし、「芋ようかん」もその内に作ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください