パソコンに小型アンプを接続。

IMG_01パソコンを立ち上げている時にBGM音楽を心地よく聞く為にアンプを設置してみました。

 購入を計画し、Amazonに発注してから品物が届くまで16日掛かりましたが、やっと手に入れました。
その商品はパーソナルアンプ「AP20d」です。IMG_0001アンプと言っても小さくて「100(幅)×195(高さ)×120(奥行)mm」可愛い置物って感じです。
全面は電源スイッチを兼ねたボリュームつまみとステレオミニジャックが有るだけ。
背面はINPUT(RCA入力)とPRE OUTの端子が有り、スピーカーを繋ぐパッシブスピーカー端子のみです。IMG_0002スピーカーは前に使っていた余り物(4Ω端子)が有ったのでそれを使う事にしましたが、さて、このアンプをパソコンとどうやって接続するかで悩みました。
今使っている外付けのUSBサウンドボードにRCA出力端子が付いているので、これを使えば何とかなりそうです。IMG_0003パソコンモニター上部の棚にスピーカーとアンプを置き、電源プラグを差し込めば接続は完了です。IMG_0005恐る恐る電源スイッチを右に回して入れてみました・・。
音源はAmazonミュージックライブラリのラジオからジャズですが、良い音がボンボンと響いてきました。
パソコン用のスピーカーは今までも設置していましたが、音がやはりイマイチで難聴の私には聞き取りづらいって事がありましたが、今回のアンプはこんなに小さいのに良い音を出してくれます。
もちろんハイレゾに対応しているし、意外と臨場感溢れる音楽が楽しめます。
もっと音に拘るならサブウファを接続して低音を効かせる方法も有りますが、パソコンで聞くだけならこれで十分かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください