イチゴの本圃作り。

IMG_0004今日はゴーヤの撤去後を耕します。

 現在仮植しているイチゴ(宝交早生)を今月末までに定植しますが、定植する場所がまだ決まっていませんでした。
今後の植え付け予定であるタマネギと空豆・エンドウ豆の事を考えるとイチゴの場所が必要な長さを確保出来ないからです。
イチゴは毎年20苗を育てていますが今年は18~16苗に減らせば畝の長さも短くて済むので、その方向で進めてみようと思います。
そこでゴーヤを抜いた後の畝に白羽の矢が当りました。
ブタ糞とくん炭、化学肥料も投入してフカフカになるまでシャベルを使って耕しました。
そして最後の仕上げは板切れを使って平らに均しておきます。IMG_0005これで準備は完了したので何時でもこの本圃に植え付ける事が出来るようになりました。

イチゴと言えば、トンネル栽培しているホワイトイチゴですが、これにも追肥をしました。IMG_0003黒マルチを捲って追肥した後はビニールトンネルでしっかり覆って12月には収穫出来る様に管理します。

タマネギの苗作りも今は順調です。
中晩成は疎らな発芽ですが、早生の方はほぼ完ぺきに発芽しています。IMG_0001今日から不織布を取り払って育成していきますが、その前に腐葉土で土寄せし、筋と筋の間にブタ糞を置きました。IMG_0002土寄せするのは苗が横に倒れない様にする目的で、肥料を与えるのはしっかりした苗に育てる為です。

IMG_0006今月の10日から衆議院選挙が公示となり、市長選も併せて22日に投票となり本格的に選挙戦が始まります。
この辺りは普段は静かな町なんですが、これから暫くは少々街宣車等で騒がしくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください