大根・蕪の間引き。

IMG_0003小カブが元気ですが、そろそろ1回目の間引きの時期です。

 毎年小カブを育てていますが、発芽して本葉が出る頃には虫に食われて穴だらけになっていました。
今年は不織布を土との間に隙間が出来ないように固定して被せた効果が出たのか、殆ど虫食いは見られません。
出来るならこのままそっとしておきたい気分ですが間引きをしてあげないと小カブと言えど肥料の取り合いになり大きくなってくれません。
今回は1回目の間引きなので株間を3cmくらいの間隔に設定し、序に追肥と土寄せを行いました。IMG_0004土寄せと言っても里芋のように株元の上に被せる感じで無く、まだ細くてヒョロヒョロした苗が横に倒れない様に土で支える程度にしています。

同じようにダイコンもそろそろ1本立ちさせる頃になりました。IMG_0002一番元気そうな苗を1本だけ残して周りに追肥をした後に土寄せをしました。IMG_00011本立ちにする事で肥料の取り合いも無くなり、土寄せをしてあげる事でダイコンにも自立心を芽生えてくるのか、この先はグングンと成長してくれるものと期待しています。

先に種蒔きしたタマネギですが、早生の方がチラホラと発芽を始めています。IMG_0005今後は全体の発芽が揃ってきたら篩(ふるい)を使って土寄せと追肥を行って良い苗を作っていく予定をしています。

IMG_0007今日の収穫はニラ・オクラ・ナスです。
 ニラを収穫して居る時に横のアスパラガスの苗を見ると、根元に新しいアスパラが顔を出していました。
もう少しすれば苗は寒さで枯れてしまうと思いますが、今年は根の張りが良かったので来春の収穫がにわかに楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください