タマネギの種蒔き。

IMG_0006早生と中晩成タマネギの種蒔きをしました。

 今朝はどんよりとして今にも一雨来そうな感じの天気です。
午後から雨がポツポツと降りそうなので早めに農園に行ってタマネギの種蒔きまで終わらせる事にします。
畝は昨日作ったばかりで決して褒められる事では無いですが、早々とタマネギの種蒔きをやってしまいます。
まずは、畝と直角に筋蒔き用の溝を掘り、上からしっかり散水しておきます。IMG_0002間隔もあまり窮屈にせず、溝間は広めに設定しておます。
すると種蒔きするスペースが足りなくなったので、急遽延長して畝を作り足す事にしました。IMG_0003掘った溝に種をパラパラと落として行く訳ですが、土の色と種の黒が同化して何処まで蒔いたのか途中で分からなくなります。
もしかしたら途中が飛んで、疎らに発芽するかも知れません。
種を蒔き終わったら腐葉土を軽く掛け、籾殻を乗せて散水して終わりです。
こちら側(奥側)が早生です。IMG_0004手前が中晩成になります。IMG_0005本来なら早生の種蒔き後に半月くらい遅れて中晩成の種蒔きに入りますが、今回は出発が遅れたので同時期に種蒔きする事になってしまいました。
最後に発芽し易いように不織布で覆っておきます。IMG_0007

こちら ↓ は3日前に前に種蒔きしたコカブですが綺麗に発芽していました。IMG_0001ちょっと心配なのはカブの葉っぱは虫にとってはご馳走らしく直ぐに食べられてしまいます。
そこで防虫ネットを掛けて虫を防ごうと考えましたが適当な長さのネットが見当たりません。
定尺物のネットを切ってしまうと次に使い物にならないので、ネットは諦めて今回は不織布で覆って有る程度の大きさになるまで育てる事にします。IMG_0008不織布の周りから虫が入り込まないように、しっかり固定して押さえてあります。

作業もこれくらいやると疲れるので普段ならもう家に帰っていますが、今日はもう一つ作業をしていきます。
それは土居さんから頂いた白イチゴにビニールトンネルを掛ける作業です。
トンネルの支柱を差すまでは良いんですが、上に掛けるビニールを見つけるのが大変でした。
畳んで片付けてあるビニールを一旦拡げて寸法を調べて適当な長さの物を探すのですが、何度も何度も拡げては畳み直したりの繰り返しです。
結局は適度の寸法の物は無かったので端を丸めて使う事にしました。
ビニールトンネルは風圧に弱いので、防鳥ネットを掛けてトンネル全体が飛ばされないように固定してあげて作業は終わりです。IMG_0009今日は一日、黙々と地味な作業を良く頑張りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください