里芋の害虫。

IMG_0002里芋の葉っぱが所々茶色く枯れた様になっています。

 此処数日は暑過ぎて、早く家に帰る事しか頭に無く、じっくりと農園の野菜達を見守る事が疎かになっていました。
今回、茶色くなった里芋の葉っぱを見た時に“あれが来たな”とピンと来ました。
あれとは、そう“ハスモンヨトウ”です。
成虫は蛾なんですが、卵を葉っぱに大量に産み付ける為、産卵した小さな幼虫がうじゃうじゃと蠢(うごめ)く事になります。IMG_0001面倒ですが、この程度なら、今の内にゴム手袋を使って葉っぱを1枚1枚ひっくり返しながら虫を潰していくしか有りません。
最初の頃に現れた“セスジスズメ”は退治したのですが、今回の幼虫は大量発生なので駆除するのが厄介です。

 まだまだ採れ続けているオクラですが、こちらも手を入れてなかったので、今日は下の方の葉っぱを切り取って少しでも日当たりが良くなるようにしました。IMG_0003もう少し頑張ってもらいたいです。

 サツマイモですが、今年のは葉っぱの勢いが良いので蔓ボケが心配です。
周りをシートで覆っているので蔓が根を張るって事は少ないと思いますが、通路として邪魔なので“蔓返し”をやっておきました。IMG_0006甘い芋が出来ると良いけどな。

 そろそろ終わった野菜の撤去を始めようと、最初にアレッポの日除けと寒冷紗を片付けました。IMG_0008トンネル支柱まで取り払った所で疲れてきたので苗の撤去は次回にする事にします。

トマトは脇芽に付いた実なので甘くないかも・・。

家に戻る前に大葉を数枚摘んでいきます。
大葉は私の区画の奥が現在は空き地になっていますが、そこに雑草と一緒に群生しています。IMG_0009わざわざ育てなくても欲しい時に持ち帰れるのは有り難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください