シュレッダーが届きました。

IMG_0003何年も使っている古いシュレッダーを取り替える事にしました。

昨夜は気温が下がり、今朝は何時もより冷え込んだように思います。
北海道では6月にも拘わらず広範囲で氷点下を記録したそうです。
我々が住むこの地域だけでなく全国的に冷え込んだのかな。
今回の冷え込みで私も“鬼の霍乱”では無いですが風邪をひいたようでクシャミと鼻水が止まりません。
幸いにも熱は無いようですが、早く回復できるように今日だけは家に閉じ籠ってる事にします。

そんな中、午前中にアマゾンに注文していたシュレッダーが到着しました。
フェローズ社製の製品で日本でも数社からシュレッダーは販売をしていますがフェローズはアメリカのシュレッダーの専門メーカーです。
日本では明光商会が該当しますが、この社の家庭用のシュレッダーが見当たらないので今回はフェローズの製品に決めました。
箱から出してみると思ったよりも大きいと言うのが実感です。IMG_0004では今迄はどんなシュレッダーを使っていたのかと言うと、メーカーは不明の卓上タイプシュレッダーです。IMG_0001連続運転が2分で、オーバーヒートを防ぐため直ぐに運転が止まってしまいます。
それに紙を数枚重ねて入れたりすると直ぐに止まってしまいストレスを感じてしまいました。
それ以前に使っていたのは手で回しながらカットする手動タイプで、それに比べたら今のは楽にはなっていましたが、やはり今は能力も当時とは数段上がっていました。
連続運転も10分なので家庭での使用で裁断の途中で切れる事はまず無いと思います。
早速使ってみようと思い、処分に困っていた古い年賀はがきを処分してみる事にしました。
1枚投入してみると、投入口に置いただけでスーッと大きな音もなく吸い込んでいきます。
順番に重ねる枚数を増やしてみたら、8枚重ねでストップしました。
今迄は1枚1枚を投入していたからかなり処理スピードも能力もアップします。
カットした紙も今迄は細かい線条にカットされトコロ天のように押し出されましたが、この機種はクロスにもカットされて細かな紙になって落ちていきます。IMG_0006折角買ったので有効に使えるよう、台所に置いて何時でも気が向いた時に使えるように設置してみました。IMG_0005音も思ったより小さく裁断能力も上がっているので、今後は使ってもストレスを感じなくて済みそうです。
10年以上はこの台所の片隅で頑張って貰いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください