支柱立てを家で作る。

IMG_0001昨日ホームセンターで仕入れた材木を使って、支柱立てを制作しました。

買った材木は25mm×60mmで長さが2mの8本セットになったものです。
今日は朝から気温が高いのでどうしようかと躊躇しましたが、農園の通路に支柱を束ねたまま横たえたまま置いており、他の方にも迷惑を掛けるので早く片付けないと思い気温が低い内の午前中に作業に取り掛かりました。

基本的には材木は定尺2mなので、寸法も1mと50cmにカットすれば簡単に組み立てられるものと図面は作らず、頭の中で構想して材料を鋸で切っていきます。
それを今度は電動インパクトを使ってビス止めして行けば大まかな形が出来上がります。IMG_0002このままでは支柱を入れても斜めに倒れてしまい安定しないので、新たに仕切り板を2か所取り付ければ出来上がりです。IMG_0003このまま農園に持ち込んでも良いけど、屋外に置きっぱなしを考えると腐食対策も必要かなと思えてきた。
そこで物置の中を探して見ると以前に使ったペンキの残りが有ったので刷毛を使って塗ってみましたが、もう少しの所でペンキを使い果たしてしまい、中途半端な感じとなってしまった。IMG_0004もう一度物置を探して見たら、今度は幸運にも同色のスプレー缶塗装が出てきたので、これを残りの部分に吹き付けて完成させました。IMG_0005これを現地に運ばないといけないけれど、私の軽自動車に乗せられるかが新たな悩みです。

しかし今日はメチャクチャ暑かったですね。
もし今日農園に行ってたら熱中症で倒れたかも知れません・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください