小窓に目隠しを追加。

IMG_00021階の格子付きの小窓に目隠しを取り付けました。

今日は昨日と一変してかなり寒くなりました。
一旦は片付けた冬物の服をもう一度取り出して羽織ってしまうくらい冷え込んでます。
何だか冬に逆戻りした感じで、おまけに朝から雨が降り続いてジメジメした最悪な天気となってしまいました。
こんな陰湿な気候になると腰がズーンと重くなり、肩や首筋が凝って気温の変化に追いつかず風邪もひきやすくなるので高齢者には注意が必要となります。

話は変わって、19日に脱衣場の小窓に目隠しを取り付けましたが、これが女房には好評で居間の残り2窓にも追加したいとの要望が有ったので再度ネットで追加注文し、22日に到着したのでその日に目隠しを設置したのでアップします。

今回届いたのは2枚で、寸法も前のより一回り大きくなっています。IMG_0001最初に居間の北面に有る格子付きの窓に取り付けました。IMG_0003要領は前の脱衣所の時と同じで、上部に引っ掛け結束バンドで固定しています。
次に東面の車庫側の小窓に移ります。IMG_0004これで3個目の設置になり、要領を覚えてしまうと簡単に取り付けが出来るようになりました。
窓に目隠しを取り付けると中は遮光されて暗く感じると思われますが、中から見ても意外と明るいんです。
これは北面の目隠し設置後に内側から見たものです。IMG_0006東面を内側から見ても暗くは感じません。IMG_0005目隠しを付ける事で窓を開けて網戸だけにしても外からは中が全く見えないのでブラインドを下す必要が無くなります(太陽光が眩しい場合は使うかも)。
そして急に雨が降った場合でも目隠しが有ると、雨風の吹き込みが防げる利点が考えられます。
もう一つは外から中を覗き見る事は出来ないし、外部から不審者が侵入したくても取り外す手間を考えると諦めるでしょうから、防犯上の効果は期待できるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください