大根と人参の種蒔き。

IMG_0001今朝の農園は曇っており、やや強めの風が吹いていますが妙に風が湿った感じで、この後に雨が降り出しそうな雰囲気を漂わせています。

この様な怪しい天気の時は普通ならば農作業を休むのですが、今後、数日にわたり小雨が続くなら種蒔きには持って来いだと思いこんな天気のなか、種蒔きをする事にしました。
この時期に直接畑に種を蒔くとすれば春大根かニンジンになります。
大根は種蒔きをする穴の土を押さえてから3粒種を蒔き、上から土を被せておきます。
今回の種は「春だいこん」と「赤だいこん」の2種を蒔いています。IMG_00022条植えにして、春大根は20本、赤ダイコンは10本栽培します。

次にニンジンの畝を作る作業に移ります。
こちらも2条植えにして、畝の水捌けを考え、もう一段畝を高くしています。IMG_0003種を蒔く場所を棒で固めてから種蒔きをし、上からサッと土を掛けます。
今回のニンジンは「いなり五寸」ですが、去年の種だったので発芽してくれるか心配です。IMG_0004この後に再度水をジヨウロでたっぷりと与えて不織布で覆っておきました。

写真は一見枯れたように見えるアスパラですが、よく見ると新しいアスパラがニョキニョキと出てきています。IMG_0005もう少し数が採れればバター炒めに出来そうです。

ニラはまだ大きくなっていませんが、柔らかそうなので1株だけ切って持ち帰ります。IMG_0007最後にケールを撮って家に戻る事にします。IMG_0006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください