イチゴの防鳥ネット。

IMG_0001イチゴの苗には3月からすっぽりと全体にビニールトンネルを掛けています。

4月に入れば花も咲き始め、この頃からミツバチに受粉を助けて貰わないと良い形のイチゴにならないのでビニールトンネルは外します。
IMG_0002先月迄は見た目にもみすぼらしく貧弱な苗でしたが、この1か月で見違えるくらい立派な苗に成長していました。
近くで見るともう花がいっぱい咲いています。IMG_0003この時期(4月中旬)の花は摘まんでおいた方が良いのか悩みましたが、イチゴの師匠である土居さんはそのまま摘まずに残しているとの事なので、私もそうする事にしました。
そして、防鳥ネットを掛けて何時でも受粉出来る体制に替えてやりました。IMG_0004赤いイチゴの実が付き出したら今度はアライグマがいつ出てくるのか、次の心配の種がまた出来ます。

昨日にVS菌入りバーク堆肥を混入した畝に肥料を投入しました。
肥料は有機のぼかし肥です。IMG_0005そして連作障害を防ぐための今回の秘密兵器がこれです。IMG_0006菌の黒汁で、これをジョウロに500倍(6ℓのジョウロにキャップ1杯)に薄めて散布します。
これで畝としては完成になりますが、この畝で何を作るか考え、大根と奥の方でニンジンを作る事にします。
その為に黒マルチを張り、準備は出来上がりました。IMG_0007明日にでも種蒔きをしてみましょうか・・。

話は変わり、今日は玉ネギ(早生)の収穫をしてみました。IMG_0008まだ一部の収穫ですが、玉はもうすっかり大きくなっていました。
凄く美味しそうです。
オニオンサラダにして早く食べたいです。
最後にほうれん草も収穫して家に帰る事にします。IMG_0009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください