苗をポットに移植。

IMG_0001今日はキャベツとレタスの小苗をポットに移植する事にします。

種蒔きするにはセルを使って小苗の時にポットに移植するのが一般的ですが、それも面倒なので私はポットに直接種蒔きをしています。
1つのポットから数個発芽したら、その内の1本だけを残してあげれば良いと言う考えです。
でも実際には数本の苗が出来ると1本だけ残して他をこのまま捨てるのも勿体ない気分になるものです。
そこで今日は新たに間引きする苗をポットに移植する作業をする事にしました。
ポットの密集した苗を抜く時に根を傷めない様にそーっと抜いて移し替えてやります。
作業が終わるとこんなにポットの数が増えました。IMG_0002全部が根付くとは思えないですが、成長を願いつつ根元に水を与えて衣装ケースに入れてあげます。
今育てている苗と一緒にもう暫くこの環境で大きくなってもらいます。IMG_0003

そして4月に入り、新しい夏野菜の種蒔きもしています。4月1日これは4月1日に種蒔きしたキュウリ、スイカ、カボチャです。
苗の準備は着々と進んでいるので、後は畑の土作りを急がねば・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください