認知症サポートステップアップ講座。

DSC00563認知症サポーターステップアップ講座を受講しました。

今日は寒さも一段落していますが、生憎と朝から雨が降っています。
西山地域福祉センターで10時から認知症サポートステップアップ講座が開かれるので運動がてら傘をさして歩いて向かいました。

前回も認知症サポート養成講座を11月13日に受講しており、今回はそのステップアップ講座になります。

IMG_0001 受講者は雨の影響もあり前回よりかなり参加者が減り、約20名での講義となりました。
今回の講義は認知症高齢者への対応の仕方・グループワークが主な講義内容です。
まず、認知症とは脳細胞の病気であり、その内アルツハイマー型認知症が60%を占めるようですが、その他に脳血管性認知症と言われるのが15%を占めています。
この脳血管性認知症とは脳梗塞や脳卒中が原因で起こる事が多く、普段から高血圧や糖尿病の予防をする事でこれは防ぐ事が出来るようです。
料理の基本は「さしすせそ」と言われますが、認知症予防に関しても「かきくけこ」と言った基本が有るそうです。
か=感動、き=興味、く=工夫、け=健康、こ=恋 普段の生活の中でこの基本の言葉を思い出しながら行動し認知症の予防をしていただきたいとの事でした。。
今では高齢化が一段と進み、65歳以上の認知症患者は462万人で高齢者の15%に当たるそうで、予備軍が400万人なので、予備軍も含めると65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症と言う事になります。
高齢者が高齢者を介護する“老々介護”から認知症の方が認知症の方を介護する“認々介護”と言う言葉も生まれているそうです。
私も既に67才ですので笑い事ではないですね。
そう言えば、最近私も物忘れが激しい気がするので要注意です・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください