下駄箱の空きスペースの利用。

img_0001今日は下駄箱の下の空きスペースに野菜をストックするボックスを作ります。

夏から秋に収穫したさつま芋や生姜、里芋等は我が家では外の物置小屋で保存しています。
物置の中と言えど籠に入れておくだけでは寒さでやられるので発砲スチロールの箱に籾殻を入れてその中に保存しますが、それでも厳しい寒さには勝てず長持ちはしません。

少し前に作って玄関の下に置いた野菜ストック箱(上の写真右側)に野菜を入れておくと室内になるので気温もそんなに下がらないため意外と野菜も長持ちしてくれます。
そこでもう一つ追加して箱を作ろうと思った訳ですが、今まで此処に発芽器を置いていたので、取敢えず物置に片付けて場所を確保しておきました。
ホームセンターで材料の板とキャスターや取っ手を買って既存の箱と同じ寸法に切って組み立てました。
しかし、出来た箱を入れて見ると、下駄箱の下に頭が閊えて入らない。img_0002どうやら床に勾配がついていて丁度この部分は高さが狭まっていたようです。
やむを得ず、カンナを使って削る事で何とか収める事が出来ました。
img_0003ただ右の箱と、今回の箱では色が大きく違ってしまった。
前の箱はラッカー仕上げにしたのをすっかり忘れて、今回は吹付けの塗料を使ったので色がこんなに違ってしまったが、まあ、見様によっては変化が有って楽しいデザインにも見えます。
これで大量の野菜を採って来ても腐らせる事無く少しは長持ちさせる事が出来そうです。
暇つぶしにもなり、自己満足な一日でした・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください