里芋と生姜の収穫。

img_0001里芋の収穫が遅れ、葉っぱは全て枯れています。

朝晩はかなり冷え込んできました。
霜が降りる前に里芋や生姜は収穫を終えておきたいところです。
生姜の方も葉は無残に茶色に枯れています。img_0002そこで今日はちょっと気合を入れて里芋と生姜を掘り起こす事にします。

里芋の種類は土居さんから“海老芋”の種イモを頂いて育てた物ですが、形は小振りですが食べると煮崩れせず美味しい種類です。
葉っぱの背丈は腰くらいですが、土寄せをしっかりやることで沢山の子芋、孫芋を育てる事が出来ます。
今年の里芋の収穫は籠に山盛りとなりました。img_0003次に生姜を掘り起こします。
生姜の方は“まずまず”の出来って感じでしょうか。img_0006生姜はそのままでの長期の保存が難しいのでスライスしたり小さな塊にして冷凍することにします。

最近は農園に来るのも疎遠になっており、久し振りにイチゴの畝を見たら雑草だらけで唖然としました。img_0004里芋を掘った跡を均してイチゴの雑草取りに掛かりましたが、途中で他に急ぐ作業を終わらせてからゆっくりと雑草取りをすれば良いと思い直し、作業を途中で止めました。img_0005そうそう、先にソラマメやエンドウマメの植え付けを急がないといけないし、ナスやパプリカの苗もいい加減に撤去しないといけないんだった。
作業に遅れが出るとちょっぴり焦るんだけど、最近は諦めからか、どっしりと構える事が出来るようになってきました。
これも年齢の成せる技なのか。
最後に赤カブとほうれん草を収穫して帰ることにします。img_0007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください