タマネギ畑の植付準備。

img_0001今日は午後からタマネギの畝作りをしました。

今年は何かと体調不良が続いてタマネギの植え付けが遅れています。
正直なところ気持ちは焦っていますがもう此処までくればどっしり構えるしかありません。
そう、“なるようになるさ”ですね。
角膜炎も回復したと言えど、まだ右目が二重に見えたり完治には至っていないので農作業もイマイチ気持ちが入らない状況です。

タマネギオーナー畑では殆どの方がもう植付を終わらせているものと思っていましたが、意外と今日植え付けている方やこれからって方も居るみたいで、少し安心しました。

私も早速所定の畝に豚フンを一輪車一杯分を投入しシャベルで耕しました。
去年の畝は土が硬く“ごろた石”のようになっており、また雑草の根や茎の除去に苦労しましたが、今年は意外とそれが無かったので耕しが楽に終わりました。

耕した後は、棒を使って適当に表面を平らに均して畝らしく仕上げます。img_0002ここで有機石灰を投入しなきゃと思ったら、何と車に積むのを忘れちゃいました。
仕方が無いので植付の時に散布する事にしますわ。
前なら取りに戻っていると思うけど、最近は妙に投げやりになってますね。

そして仕上げに黒マルチを掛け、裾に土を盛って見た目は悪いが、畝作りは一応終了です。img_0003マルチの穴の数は5列仕様の既製品で全部で160苗が植え付けられます。
今育てている苗が160本有るかは微妙です。
もし足りなかったらホームセンターではもう売っていないだろうし、うーん、困りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください