タマネギ(早生)の種蒔き。

img_0001今朝は雨がパラパラと降っていました。

本格的に雨が降りだしそうな雲行きで農園に行く時に一瞬躊躇しましたがきっと止むだろうと信じて農園に来ました。
農園に着いてもやむ気配が無かったので仕方なく合羽を羽織って玉ネギの種蒔きをする羽目になりました。
種を蒔く前に、筋蒔きする部分を板で固めて底を平らにしています。img_0002そこに1cm間隔くらいに種を1粒づつ落としていきますが、目も老眼で良く見えないうえに、畝にクン炭を入れているので黒い種との区別がつかなくて、もしかしたら蒔きムラになってるかも知れません。
種を蒔き終えたら次に腐葉土を網で篩(ふる)って被せます。img_0003最後に籾殻を掛けてタップリの散水をしてあげます。img_0004そして最後に、発芽までは不織布で覆っておきます。img_0005そうそう、この頃にはすっかり雨も上がっていて、合羽を脱いだら蒸し暑さからも解放され、空にはスッキリとした秋の雲が漂っていました。

雨除けの中の畝も種蒔きの準備を進めないといけないので先ずは散水から。img_0006次に黒マルチ(穴明きのタマネギ用)を貼りました。img_0007この場所にはコカブの種蒔きでもしましょうか。

~収穫編~

長ナスとパプリカ、それにオクラ。img_0008今日はパプリカが多めに採れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください