トマトの雨除けのイメージ。

IMG_0004金属製のアーチ型トンネル支柱を1組だけ組み立ててみた。


今朝も気温は下がっており、おまけに風が少し有るので体感的にかなり寒く感じる。
よってジャンパーを羽織っての農作業となりました。

最初に枯れたケールを1株撤去しました。
これは去年の春に植え付けたものです。IMG_0001残りの奥の1本は今は元気だけどもう少ししたら枯れてしまいそうな感じです。
ケール周りに残っていたトンネル支柱も取り払って次の準備に備えておきます。
秋に植え付けたケールの方はこれから旺盛に成長しそうなので油粕をマルチの下の株間に撒き、序に収穫をしました。IMG_0003籠に概ね八分目ですが、これで1週間分のスムージーが賄えます。

タマネギ晩成タイプの枯れた葉を取り払いました。IMG_0002葉っぱの先の枯れた部分を取り払っただけでまた元気も蘇ったような感じに見えます。
タマネギオーナー畑区画の方も枯れ葉取りをその内にやっておかないと・・。

最後にトマトの雨除け支柱を設置した時のイメージが沸かなかったので1組だけ組み立ててみる事にしました。
組み立てる前に全体の高さを揃える為に地中に埋め込む支柱の底から30cmの所にマジックでマークを書いておきます。
次に支柱を1本立て、幅2.1mを測ってもう1本を立てます。
立てると言ってもハンマーで叩かないと差し込めないし、叩き過ぎると金属の接続部が変形するのでゴムハンマーを使っています。
トップ画の様に出来上がりはかなり大きく感じます。
部材は差し込み部が2本とアーチ部が2本の計4部材を使用しています。
接続は差し込みになっていますが、最終的には金具で差し込みが抜けないように金具で固定します。
これは温室では無くて、あくまで雨除けとして使用していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください