栗羊羹を作ってみた。

IMG_0001写真は”栗きんとん”です。


午前中は”栗きんとん”作りをしました。
クチナシの実で色を着ける為に鍋で芋を煮てから裏漉しをして作っていきますが、この裏漉しの作業が一番大変で終わるころには腕が怠くなっています。
中に入れている栗は農園で販売していた栗を甘露煮にしたのを使いました。
味は甘さ控えめで食べやすくしています。

午後からサツマイモがまだ沢山余っているし、栗の甘露煮も使い切れなかったのでデザートとして”芋羊羹”を作ってみることにしました。
作り方は”栗きんとん”とよく似ています。
材料もほとんど同じで、違うのは寒天を使う事くらいです。
羊羹らしさを出すために型に流し込んで冷蔵庫で冷やして固まるのを待つ事になります。IMG_0002

冷蔵庫に入れてから待つ事数時間・・・。
しっかり固まっていないが保存容器に入れて冷蔵庫に入れておきます。IMG_0001 (1)少しだけ食べてみましたが羊羹のイメージではなく和菓子っぽいかな。
甘党の私には堪りませんです。 😆 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください